諸葛八卦村大慰霊祭参加と交流の旅2019(30)

諸葛八卦村での有意義な時間

諸葛八卦村最後の夕食は民泊宿でゆっくりと。

あっという間の4日間でした。
夜に到着したからこその幻想的なお出迎え

毎日青空に恵まれて、白壁に青のコントラストが映えていました。

たくさんの笑顔と片言でのあいさつも
そこの人の優しさが伝わるのどかな日々

日本茶をたくさんの方々にお点前とともに知っていただき

しっかり漢方のイロハを少し覚えました

孫権の村で新しい歴史と直系子孫との触れ合い

淡水パールの大きさに驚愕し

う劇を楽しむことも出来ました。
ホコリと煙で少しのどをやられてしまいましたが

諸葛八卦村消防署で、1900年頃のイギリス式ポンプ車にびっくり
アヘン戦争で国が揺れている時に、
諸葛八卦村ではイギリスからポンプ車を購入できるほど
中国全土とどろく諸葛漢方に敬意!

あたらめて諸葛孔明の歴史を再認識して

本当に村の方々が優しく包み込んでくださるので
この街並みと雰囲気と時間軸とでみるみる元気

大慰霊祭式典に部外者にも関わらず参加させていただき

地酒の山桃酒、甘くてアルコール度を忘れてしまいそうになりました。

 

そんな諸葛八卦村のでの滞在はこれで終了です。
9月27日、上海の大都会に向かっていきます。
いっきに現実に引き戻されること間違いなしです。