2022、第四回「敦煌杯」中国古箏芸術青少年コンクール

    華夏璇音敦煌杯民族楽器コミュニティーセンター2022-09-15告知
公式案内:http://m.cn-imc.com/match_zc.asp?matchID=295OUMDE3I(中文)

「国家文化を前進させ、国家精神を鼓舞する」という理念の元、「敦煌杯」の中国民族楽器シリーズ活動は、10年以上にわたり、中国民族楽器に関わる全て方々の成長を見守り、専門的に発展するための土台となってきました。2022年には第4回中国古箏芸術青少年コンクールを開催し、公正で客観的かつ舞台芸術交流の環境を構築します。2012年以来、中国国立管弦楽協会古箏専門委員会の強力な支援と積極的な推進により、3つの芸術の蓄積を経て、一定の専門性と影響力を形成し、すべての人生の歩みから良い産業交流環境を構築しました。

<組織>
主催者: 中国国家管弦楽協会古箏専門委員会
主催:北京華夏璇音芸術コミュニケーションセンター
共催:上海民族楽器一厰有限公司
<目的>
 中国古箏の演奏芸術を継承発展させ、古箏芸術の才能を発見し育成する
<参加対象>
 国内外の青少年古箏学習者, 愛好者
<組織委員会と審査員>
「組織委員会」
会 長:王中山(中国民族管弦楽協会古箏専門委員会会長)
副会長: 王国振(上海民族楽器一厰有限公司総経理)
    杜怡璇(北京華夏璇音芸術伝播センター総経理)
<首席審査員:(姓順)>
 王中山  王蔚  江澹曦  李萌 罗小慈 杨娜妮  张珊  林玲  周望  高雁  阎爱华  樊艺凤
<審査員>
有名中国古箏奏者、教育者、作曲家、指揮者を招へいします。
(審査の公平性を確保するために、審査員のリストは公表されません)

 <開催日程>
第一次参加期間: 2022 年 9 月 10 日から 10 月 10 日
第一次審査時間: 2022 年 10 月 15 日 ~ 25 日
最終審査時間 : 2022 年 12 月 31 日 ~ 2023 年 1 月 2 日
 (冬休みにキャリア グループ最終評価が行われる)
 
<参加内容>
1、アマチュア独奏部門は第一次審査と最終審査の2つのフェーズに別れます。 第一次審査は第一次募集期間9月10日~10月10日までに画像で提出、最終審査は組織委員会によって所定の期間内にエントリーコードを取得するよう手配され、最終審査の画像は指定された時間内に提出します。
2、プロ独奏部門は、第一次審査、レビュー、最終秦さの3つの段階に分けられ、第一次審査とレビューは、画像提出、オンラインレビューとなり、最終秦さは、ライブ形式として、冬休み中に北京で開催されます(具体的な内容は、別に通知します)、不可抗力により開催できない場合は事前に延長通知を発行し、別途開催する予定です。
 3、重奏部門は第一次審査と最終審査の2段階で分けられ、全て画像提出の上でオンラインレビューです。

<参加部門内容>
「プロ独奏部門」
全国の専門文化・芸術団体、芸術大学、総合大学音楽芸術学部、学部、附属教員、学生を指します。
・プロ少年部門:
  特に各音楽院、芸術学部附属小11歳~17歳(2005.1.1~2011.12.31)
・プロ青年部門A:
  特に11の国内音楽院のプロの学生と国家レベルの専門グループの演奏者。
  18歳~35歳(1987.1.1~2004.12.31)
・プロ青年部門B:
  国内11の音楽院の専門学生および国家専門団体の演奏者。
   18歳から35歳(1987.1.1-2004.12.31)
   国内芸術大学、北京専門学校の古箏専攻の学生、地方の専門団体の演奏者
  (南京芸術学院、吉林芸術学院、山東芸術学院、広西芸術学院、
  内モンゴル美術学院、雲南芸術学院などの専門芸術学院、中央民族大学、
  国防大学軍事文化学院、中国オペラ学院、首都師範大学、北京師範大学等)
・プロ青年部門C:
   総合大学 18歳~35歳(1987.1.1-2004.12.31)
   参加時に正確に大学や職業を記入すること
   (最終学歴の3年間の参加者は、最終大学グループに従って登録されます)。 
 
「アマチュア独奏部門」
・児童乙部門:7~9歳(2013.1.1-2015.12.31)
・児童甲部門:10~12歳(2010.1.1-2012.12.31)
・少年乙部門:13~15歳(2007.1.1-2009.12.31)
・少年甲部門:16~17歳(2005.1.1-2006.12.31)

 注:18~35歳のアマチュア独奏部門参加者はプロ独奏部門プロ青年部門Cに参加することが出来る。 (組織委員会は、参加者数に応じてプロ部門とアマチュア部門に分けることが出来る)
 
「重奏部門」
アマチュアとプログループを分ける
 

<演奏曲目説明>
「プロ独奏部門」
第一次審査:自主選択曲1曲、曲全部の画像を再生される
最終審査:規定曲1曲、自主選択曲1曲

注:児童は現代想像曲を選択する必要がある 曲全部を演奏する
  青少年部門は伝統的民族音楽を選択する必要がある
  最終審査の曲目は第一次審査と同じものは選択できない
  最終審査まで進むには3曲を準備する必要がある

「プロ独奏部門規定曲」
・プロ少年部門:(五选一)
《 闹元宵 》、《高山流水》(山东)、《出水莲》、《月儿高》、《柳青娘》(活五)
・ プロ青年部門A:(五选一)
《林泉》叶小纲曲、《晓雾》王中山曲、《层层水澜》陶一陌曲 、《如是》王丹红曲、《苍歌引》陈哲曲
・プロ青年部門B/プロ青年部門C规定曲目相同,五选一)
《抒情幻想曲》徐晓琳曲、《西域随想》王建民曲、《箜篌引》庄曜曲、《望秦川》景建树/王中山曲、《云裳诉》周煜国曲

注:プロ独奏部門最終審査ではピアノ伴奏があっても良い。伴奏のあるなしは評価委に影響を与えない。ピアノ伴奏は独自で準備すること
 
「アマチュア独奏部門」
第一次審査:自主選択曲1曲 曲全部の画像を再生される
最終審査:規定曲1曲、自主選択曲1曲(第一次審査と同じ曲は選択できない)
「アマチュア独奏部門規定曲」
・児童乙部門:《渔舟唱晚》 《纺织忙》 《劳动最光荣》 《高山流水》(浙江) 《春苗》
・児童甲部門:《丰收锣鼓》 《浏阳河》 《洞庭新歌》 《战台风》 《春到拉萨》
・少年乙部門:《东海渔歌》 《雪山春晓》 《幸福渠水到俺村》 《姜女泪》 《将军令》
・少年甲部門:《草原英雄小姐妹》 《幻想曲》 《 茉莉芬芳》 《溟山》  《林冲夜奔》

「重奏部門」
参加に応じてプログループとアマチュアグループに分けられる
各参加グループは2~16名、曲目と演奏形態は自由です。
演奏時間は3~8分以内とし、少なくても2声以上、斉奏曲、同声演奏の作品や形態はこのコンクールでは認められない。伴奏なしで行う。
・アマチュアグループ 
   自主選択曲1曲(第一次審査と最終審査と同じ曲でもよい)
・プログループ
   自主選択曲1曲(第一次審査と最終審査と別の曲を用意する)
 
注:すべての部門の演奏は、プロ独奏簿門最終評価段階を除いて、任意の種類の伴奏なしで、フル曲でバックスペクトル演奏を準備します。 プロ独奏部門最終審査の演奏は、審査員によって制御され状況に応じて演奏停止の可能性もある。曲目の演奏バージョンは、特別な場合を除いて、制限されません。

<審査方法>
このコンクールはアマチュア独奏部門とプロ独奏部門で、第一次審査及び初期評価とリサイタルコンポ―ネント最終審査の2段階で行わる。 各グループの成績順に参加者の2/3が次のステージに進む。

<コンクール登録方法及び第一次審査評価>
「 オンライン登録」
中国民族管弦楽協会の公式サイト(www.cnosonline.com)とこのコンクールの中国ネットワーク(www.cn-imc.com)にログインし、公式サイトに案内に従ってください。 このイベントは、2022年9月10日にオンラインで公開され、開始される「中国民族管弦楽協会公式ウェブサイトコンクール登録フォーム」を使用して登録審査を行います。
 

「第一次審査及び評価」
参加者から送られた画像を審査員が審査する。画像のファイル形式は MP4 または MOV で、ファイル サイズは 500 MB を超えてはならない。画像コンテンツは編集クリップから除外され、参加社は同じ期間にオーディオ画像で視聴することができる。
2022年9月10日、登録フォームでの登録と画像を受け取るためのサイトがオープンします。オンラインで登録フォームに記入し、要求に応じて登録ファイルを提出してください。 公式ウェブサイトにアクセスできない場合は、組織委員会のマイクロシグナルを追加してください:18911959204(Dunhuang Chuas Guzhengショー)
「第一次審査費用」
・独奏部門350元/人
・重奏部門150元/人
参加者の情報と評価料は、すべての受信後3営業日以内に、参加者情報と審査費用が組織委員会に正確に届いているかをSMSまたはWeChatの形で参加者に登録の成功を確認するように通知します。
2022年10月25日、コンクールの公式サイトで最初の評価結果を発表します。 ファイナリストは、オンラインで次のステージへの参加を確認する手続きをオンラインで行うことができ、最終審査に参加していない参加者は、組織委員会から通知を受けなくなり、提出された資料や評価料は返金されず、WeChatまたは電子メールで審査員のコメントや提案を求めることができる。
 

<最終審査及び評価>
 2022年10月25日の第一次審査評価終了後、コンクールの公式ウェブサイト(www.cn-imc.com)に、レビューまたは最終審査に参加する参加者リストが掲載されました。 ファイナリスト(プロ部門ファイナリスト、アマチュア部門ファイナリスト)は、11月5日までにコンクールオフィサーネットワークでオンライン登録を行い、最終審査への参加を確認する必要があります。
アマチュア部門最終評価とプロ部門レビュー時間:2022年12月31日~2023年1月2日。
アマチュア部門最終審査に参加する参加者は、12月31日に公式ウェブサイトでオンライン統一抽選を行い、最終審査のエントリー番号を取得してから最終評価画像登録を行う必要があります。
プロ部門レビューに参加する参加者は、12月31日に公式ウェブサイトでオンライン統一抽選を行い、最終審査画像の登録を行う前に再審査番号を取得する必要があります。
「評価費用及び最終審査参加者費用」
独奏部門評価料は550元/人
重奏部門評価料は300元/人
プロ独奏部門最終審査費用は450元/人
 
 注:独奏部門レビュー、最終審査画像の事前録画は無効であり、組織委員会の最初の評価後に通知を発行し、所定の時間内にルールに従って画像を作成して下さい。 北京で開催されるプロ部門最終評価は、会場の住所とスケジュール、交通案内、周辺宿泊施設の参考資料が、最初の評価終了後、組織委員会事務局が公式ウェブサイトで発表します。

<コンクールの奨励>
各部門は、コンクール審査員によって評価され、主催者は名誉評価証明書(最終スコア)を発行します。 組織委員会はまた、複数の学生が最終審査に参加する指導教員に「優秀指導教員」の名誉証明書を授与し、個人やオーケストラが活動に参加する活動に参加するユニットに「優れた組織単位」の名誉証明書を授与します。 独奏部門最優秀者には、上海民族楽器一厰有限公司から「敦煌牌」カスタムプロフェッショナル古箏1台を受け取ります。 重奏部門は、集団名誉証明書と最終評価個人証明書を取得します。
 注:第4回「敦煌杯」中国古箏芸術青少年コンクール終了後、主催者が発行する名誉評価証明書と番号に基づいて、中国民族楽器芸術・インペリアル・パフォーマンス組織委員会に対応するカテゴリーの証明書を申請することができます。
 

<注意事項>
1、すべての参加者は登録すると、この憲章を認識していることを示します。 したがって、この憲章の規定に従う必要があります。
2、登録書類を記入するときは、正確なIDカードに従ってください。 このコンクールへの登録と参加のプロセスは電子化されており、フォームの内容に誤りがあり、損失を被った場合、自己責任とします。
3、参加者の皆さんに「中国国家管弦楽協会古箏専門委員会公式サイト」での参加登録番号を記録し、登録成功ページを保存するよう求めます。
4、復/最終評価の参加者は、ファイナリスト通知に同期して発行されたスケジュールに従って、時間通りに順番に参加してください。
5.組織委員会は、このコンクールの視聴覚製品の放送、テレビ放送、視聴覚製品のパフォーマンス範囲内で使用、出版、配布する権利を有する。 優秀な参加者は、組織委員会が主催する公共の利益のために、または公演に参加する義務があります。
6、プロ部門最終評価参加者(伴う親を含む)は、期間中の交通、宿泊施設、自己管理、組織委員会は、交通ルートや宿泊施設情報の提供を支援します。
 7、すべての参加者と親は、パフォーマンスルールとフィールド規律を遵守し、組織委員会の作業スケジュールと審査員の審査結果に従う必要があります。 コンクール中に発生した特定の問題について意見がある場合は、監督委員会に報告してください。 組織委員会は、不当に騒がしく、コンクールに影響を与える者を失格とする権限を有する。
 8、参加者本人の事情により、コンクールを完了できなかった者は、審査料を払い戻さない。
9. 不可抗力要因による活動の延期またはキャンセルが発生した場合、組織委員会は公式ウェブサイトに関連情報を公表します。
 
この憲章の解釈権は、本展の組織委員会に帰属します。